rails 独学して軽くにちゃんまとめつくる

一人ぼっちのライフハック生活

ライフハック術を紹介して生きます。

人工知能に共感を期待してはいけないし、感情を持つことはできない

 

人工知能は感情を理解するか?答えはNOだ。

人工知能にできることはデータの計算だけである。だからもし感情らしきものを持っているように見えたとしても、それは僕たちが持つそれとは程遠い。
例えば泣いている女の子がいたとしよう。
僕たちはこの子を見たときには次のような思考過程になる。
(女の子が泣いている→かわいそうだな、どうしたのだろう→声をかけてみたいが変な人に思われるのは嫌だなあ→でも近くに親らしき人がいないから声をかけてみよう)

「大丈夫?」

おおよそこんな感じで考え、感じると思う。しかし人工知能はこのような思考過程は辿らない。

(この人の血圧は5上昇し、心拍数が10上昇した。この人は80%の確率で興奮しているとわかった。さらに毎秒80dbで継続して泣いているし、音声の感情分析をしてみると悲しみだと判断できた。よってこの子は泣いている。泣いている時の最適な対応は状況把握と共感である。よしこの子には大丈夫と声をかけてあげよう)

「大丈夫?」


これが人工知能の思考過程である。文字に起こしてみれば滑稽だが、実際そうなのだ。人工知能ができるのは計算であるので、人間の数値化された生体データもとに計算して統計的に判断することしかできない。同情など一切できないし、かわいそうと思うことはできない。よってとっさの判断などもできない。計算結果から最適解をみつけることが彼らの思考過程の全貌である。

果たしてこういう考え方をする人工知能に共感など期待できるだろうか?答えはNOである。僕たちはこういう過程を経た回答など求めていない。「大丈夫?」と尋ねるという出力結果は同じだが、僕たちは出力結果だけをみているのではない。その思考過程も重要視するのだ。打算的な付き合いを嫌い、本当の友情を好む。社交辞令の褒め言葉より、本音の言葉を好む。僕たちは思考過程を重要視するのだ。

よって計算結果から生まれた同情は同情として受け入れることができない。悩んだ末の同情は同情だと受け止める。同情は感情ありきであるべきで、計算ありきでは受け入れられない。

絶好の例がシリだ。Siriに「疲れた」とか「死にたい」と相談するとそれらしき答えは返ってくる。

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180912113615p:plain
f:id:mooooooooooriiiiii:20180912113609p:plain

 

同情してくれているようには見える。しかしこれはもともとプログラマが用意した回答をそのまま読み上げているだけだ。もし技術が発達してSiriが文章を自動作成できるようになったとしても、それは計算結果でしかない。僕たちは
Siriに相談して感動することはないし、できない。別に僕たちのことを心配していってくれているわけではなく、計算結果をただ読み上げているだけだからだ。「死にたい」と棒読みで言ったわけだが、Siriはそれを真に受け心配してくれる。とてもじゃないが、相談相手としては最悪だ。

 


人工知能は計算しかできないのだから、当然人工知能が持つ感情は計算結果から出てきた数字である。これを僕たちは感情だと言えるだろうか?言えない。


人工知能は擬態が得意である。Siriの例からもわかるように、あたかも感情を持ったように回答してくれるが、別に感情を持っているわけではない。Siriは犬の画像を見て犬と識別することができるが、犬というのを理解しているわけではない。しかし結果だけをみるとあたかも相談に乗っているように見えるし、犬を理解しているようにも見える。しかし真に理解しているわけではない。繰り返すが計算結果を読み上げているだけである。

人工知能は感情らしき計算結果を見せることはくるだろうが、感情を持つことはない。

人工知能ができるのは計算処理だけ

「この花の種類は何?」
「この人にお金を貸したらちゃんと返ってくるかな?」
「このバッグっていくらで売れるのかな?」

この質問を受けた時あなたの頭の中ではどのような処理が行われていますか?
これについて考えていくのがこの記事の目的です。


人工知能ができるのは計算処理だけである。案外これを意識してない人は多くいるだろう。もしくは聞いたことがあっても実際に教科書を見て説明を聞いた人は少ないのではないだろうか。そこでこの記事では実際に教科書を紹介して、人工知能にできるのは計算だけということを頭に入れてもらいたい。その後、計算しかできない人工知能がどうやって思考しているのかを考える。


まずは人工知能の教科書を紹介する。ちなみに専門的には人工知能だとか、AIだとか呼ばずに機械学習と呼んでいる。

見ていただければ分かるだろうが、人工知能の教科書は数式で溢れかえっている。別にこれは難易度が高い教科書だから数式が書かれているのではなく、人工知能がしていること自体、数式の計算だからである。

f:id:mooooooooooriiiiii:20180912110433p:plain

例えばこの数式は最小二乗法とよばれる計

算処理方法の一つである。中身自体は非常に単純で、データを集めて一番それっぽい直線を見つける方法で、この数式に全てが詰まっている。

この最小二乗法は単純に見えるが、これだけで花の種類を分類したり、お金を貸してもちゃんと返してくれるかどうかを判断したり、メルカリでいくらで売れるか値段を予想してくれたりと非常に様々なことをしてくれる。

他にも様々な数式が出てくるのだが、出てくるものは計算処理だけであり、それが全てである。

f:id:mooooooooooriiiiii:20180912110314j:plain


 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180912110319j:plain

さて、人工知能が数式を使って処理をするのはお分かりいただけたと思う。次にこの計算と思考とどう関わっているのかを考える。


先ほどの例で出したが、
「この花の種類は何?」
「この人にお金を貸したらちゃんと返ってくるかな?」
「このバッグっていくらで売れるのかな?」
というものについて僕たちは「考える」ことができる。バラの花を見たらバラだと分かるし、あいつはだらしないからお金を貸さないと決められるし、定価価格から大体の値段を決められる。僕たちはこれを考えるとみなしている。


人工知能もこれらの質問について回答できる。しかしその方法は僕たちがしている方法とは違い全て計算で決める。

 

Qこの花の種類は何?
A がく片の長さは10cmで、がく片の幅が3cm、花びらの長さが5cmで、花びらの幅が0.5mmなので、過去のデータと照らし合わせるとバラだと言えます。

Q. この人にお金を貸したら返ってくるかな?
A. この人の年収は300万円で、未婚で、最終学歴が高卒で、youtubeの視聴時間が一日に8時間を超えており、位置情報からは一日中家にこもっているが、親が公務委員なので返ってきます

Q. このバッグはいくらで売れるかな?
A. 過去1000件の販売データをもとにこのバッグは1000円である


こんな風に人工知能は処理を経て結果をだす。まあ人の思考過程と似たようなところがあるが、果たしてこれは思考と言えるのであろうか?まあ思考と言えなくもないが、人としていることは違うだろう。

 

就活のエントリーシートを手書きで書けというなら、あんたらも名刺を手書きで書け

このスマホやパソコンが普及している時代だ。なのにどうしてエントリーシートを手書きで作る必要があるのだろうか。本当に意味がわからない。「自分を売るために必要」だとか「自分らしさの表現」だとかそんな意見は聞き飽きた。

 

どうして名刺は手書きじゃないの?

だったら面接官や営業のあんたたちも名刺を手書きで書けばいいじゃないか。だって名刺の意味って初対面の人に自分をアピールするための表現なのだろう?他の人とは違う自分らしさを見込むのだろう?だったら名刺を手書きにすればいい。しかしそんなことをしてる人はいない。なぜならめんどくさいからだ

 

 

だってあの有名人の名刺だって印刷だぜ

俺は会社から名刺を支給されているから無理なんだ!プンプン!と言ってる人がいるかもしれません。じゃあ社長とかスポーツ選手という裁量権のおおきいひとたちの名刺はどうなのだろうか。彼らは一体どんな名刺を使っているのだろう?結論から言う。あの人もこの人もみんな名刺は印刷している。ビートルズ、マークザッカーバーグ、ウォルトディズニー。こんな有名人もみんな印刷。モンホリエ、リチャードニクソンビルゲイツ、ニールアームストロング、ヨーイチオチアイ。この人たちもみーんな印刷。

 

繰り返すが就活生のエントリーシートは会社員の名刺にあたる。ということは名刺が印刷で要件をみたしているなら、エントリーシートも印刷で十分だろう。

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420182332p:plain

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420183311p:plain

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420180306j:plain

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420184045j:plain

 

 

 

ここでネットから拾ってきたエントリーシートのサンプルをご紹介

 

こちら

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420183023p:plain

がんばって手書きで書いて偉いでちゅね。はなまる!

 

 

ほんとうに馬鹿らしい、書くのが嫌になってきた。

ぼくたち有象無象の就活生なんだぜ?なんでこんな大物たちがそろって印刷なのにぼくたちが手がきしなきゃならないんだ。手書きにしたところでなんの意味があるんだか。

 

 

名刺は印刷もいやだ。web登録で十分

 

なら印刷にすれば良いのかと言うとそうでもない。印刷済もめんどくさい。今の時代なんだから名物登録で十分だ。LinkedInやWantedly など有名な仕事を探すサイトではみなオンラインエントリーシート機能を設けている。それをみれば十分である。どうせエントリーシートの 2/3 は同じことしか書かない。ならわざわざ印刷しなくても一度書いているウェブに会社側がみにいけばいい。

AppleのiPadのcm「コンピューターって何?」から考えるVR・ARがスマホ・タブレット・PCを統合する未来。

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420091938p:plain

 

僕はiPhoneiPadMacBookを持っている。つまりスマートフォンタブレットとパソコンを持っているわけだ。 こうして並べた写真を見てみるとやはりこれらはいずれなくなる未来だなぁと思ってくる。

 

 

タブレットとパソコンの境界

思い出して欲しい。ちょっと前に「コンピューターって何」と言うCMをしていたのを覚えていますか?動画の中で少女はiPadにキーボードをつけてパソコンのように操作しています。まさにこれなのです。

タブレットとパソコンの境界は「キーボード」と「画面サイズ」と「処理速度」だけです。よく大学生ですが「iPadがあればパソコンはいりませんか?」なんて質問を見るが、これもタブレットとパソコンの境界の曖昧さを表している。

 

だからタブレットがあればパソコンはいらないというのではありません。パソコンのメリットであるキーボードのおかげでショートカットや文字入力素早く操作ができます。さらに処理速度のおかげでプログラミングもサクサクできます。大きい画面サイズのおかげで文字を一気に表示させることができたり、画面を二分割したりすることができます。

 

だからパソコンがあるのでタブレットがいらないというのではないです。パソコンは高性能であるがゆえ重たいです。Macbookだと1.5kgくらいありずっしり重さを感じます。だからiPadだと気軽に持ち運びができます。寝ながら読書もタブレットならできます。

さらにパソコンだと直角に広げているので画面を操作するにはマウスとキーボードしかありません。しかしタブレットだと机の上に起きるので手書きが簡単にできます。画面サイズもノートくらいの大きさなので邪魔にもなりません。

だから両方必要なのです。

 

 

 

 

 

スマホタブレットの境界

タブレットなんかいらない。スマホがあれば十分だ」という声を聞きます。これもまさにスマホタブレットの境界の曖昧さを表しています。というよりむしろスマホタブレットの違いは「画面の大きさ」と「処理速度」だけです。みんな此れに気づいているからこそタブレットが普及していない。

 

タブレットがあるからスマホがいらないというのではありません。画面サイズが小さいからこそポケットに入れて持ち歩けます。だから外出中にもiPhone を持ち歩き地図アプリやニュースサイトやネットを気軽に見ることができます。混んでいる電車でも、片手がふさがっている時でも小さいからこそ利用できます。

 

スマホがあるからタブレットがいらないというのでもありません。タブレットのメリットは持ち運びにちょうどいい限界サイズということです。ほとんどほんと同じ大きさなので読書をしたり、ノートを取ったりするのにも便利です。さらに画面サイズが大きいのとギリギリ持てる位の重さのおかげで読書をする意識が低くなりました。Apple Pencilを使うと書き込みも簡単にできるので躊躇なく本に書き込みをするようになりました。

だからスマホタブレットの両方が必要なのです。

 

 

とはいえどれも一つにまとめられるよね

こうして考えるとスマートフォンタブレット、パソコンの違いは3つにまとめられました。「画面サイズ」「キーボード」「処理速度」の3つです。で僕の主張はこの3つの違いは VRとARによって埋められるということです。つまりスマートフォンタブレット、パソコンを兼ねたものが VR、AR ということです。

 

画面のサイズ

まず画面サイズですが、VRとARは画面サイズが極端にでかいです。というより360度近いそのものがすべてディスプレイになるのです。50インチのテレビだとか、15メートルの映画のスクリーンとかそんな比じゃないです。 という事は12インチのタブレットサイズの画面を無数に置くことができますし、気分によって50インチにも3インチにも変更することができます。

しかもそのスクリーンは仮想空間上にあるものなので場所を取りません。人が居るとか持ち運びが面倒だとかそんなこと考えずに自由に可変サイズ作りの持ち運ぶことができます。この自由な可変サイズこそがスマートフォンタブレットとパソコンを統合する理由の1つです。

 

 

キーボード

次にパソコンのメリットであるキーボードについて。これも先ほどのことよく考えるとキーボードすらも仮想空間上でみなすことができます。そしてそれは指で操作するフリック入力に変えることもできますし、机にキーボードの3Dモデルを表示させてキーボードにもすることができます。

もっと行くと音声入力での入力が主流になり指で文字を入力すると言う事はなくなるかも。修正する時だけキーボードを使い、その他多くは音声入力でするようになります。もしくはもっと良いインターフェースが整備され完全に音声入力一本化するかもしれません。

こんな理由で自由にキーボードとかフリップ入力とかを切り替えられることができるのでスマートフォンタブレットとパソコンを統合する理由の2つ目です。

 

 

処理速度

 

処理速度に関しては大は小を兼ねるというのが基本です。なぜスマートフォンの処理が遅いかと言うと値段を抑えるためとサイズを小さく保つためです。しかしスマートフォンがパソコン並みの速さでも問題はありません。むしろ歓迎すべき位です。

だから処理速度はパソコンのサイズに一本化することによって、スマートフォンタブレットとパソコンを統合することができます。

 

 

以上の理由からスマートフォンタブレットとパソコンはいずれなくなると言う結論に達しました。

 

 

 

 

 

ミニマリストを目指し思い出の品を断捨離する前に「思い出ボックス」を作ろう

 

なぜあなたは捨てられないのか

ミニマリスト目指そうと思い断捨離をする人が必ず陥る問題は「思い出の品を捨てるかどうか」です。

友達からもらったお土産、小学校の頃に描いた絵、高校の時に使っていた教科書やノート。そんなものはとても捨てにくいですよね。

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420073350p:plain

思い出ボックスに入れてあるもの。「使わない」が「思い出深い」ので保管してある

 

ある人からもらったお土産を見ると「あの人元気にしているかなぁ」とふと思い出したり、高校の時に使っていた教科書の落書きを見ると「あの先生よかったなあ」なんて心に浮かんできます。

だからこそ思い出の品はとても捨てにくい。そういうときは捨てずに思い出ボックスに入れてしまいましょう。

 

 

思い出の品は捨てなくてもいい

どうして思い出の品を捨ててしまうのでしょうか?それはおかしいです。記憶や思い出は人生を生きてきた証なのですから「断捨離をしよう」という他人の言葉でホイホイと捨てていいはずがありません。だから思い出の品を捨てずに思い出ボックスに入れておきましょう。

 

思い出ボックス

思い出ボックスはホームセンターにおいてある大きめの蓋のついている箱買ってください。まさにこんな感じのものです。僕はこういうのを買って思い出の品物は全部ここに放り込んでいます。 

 

天馬 大型収納ボックス 幅30×奥行44×高さ32cm ロックス 440L クリア

天馬 大型収納ボックス 幅30×奥行44×高さ32cm ロックス 440L クリア

 

 

 

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420072545j:plain

 

僕はこんな感じの大型ボックスに全て思い出の品を詰め込んでいます。本当に思いで!と思ったら詰め込んでいます。例えばお土産岩塩、昔買ったiPod、教会でもらったパン、ヒッチハイクでつかったダンボールなど。

 

このボックスという一時避難所を作って断捨離対象から外しています。ボックスですから部屋が汚れるということはありません。それでも邪魔なら台にして何かを上からおけばいいのです。

 

 

 

 

【おまけ】理屈の軸と情緒の軸

おそらく断捨離について調べてきた人は「使うか使わないかという基準で考えろ」という言葉を口酸っぱく言われたはずです。とはいえ思い出の品が絵や写真だったら使うことなんてそうそうありません。 

思い出の品を捨てようとしているあなたは理屈的な価値基準だけで考えてしまってます。僕たちは理屈だけで生きているのではなく、懐かしさや思い出を感じる情緒的な軸も持って生きているのです。

 

【おまけ】捨てていいものと悪いものの区別の仕方

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420065314p:plain

横軸は理屈軸。縦は情緒軸

 

こんな軸で考えると良いです。

横軸が「最近使ったか使ってないか」という理屈の面での判断基準。これは単純にこの1ヶ月に使ったか?とか定期的に使ってきたか?という仕様頻度での基準。

 

縦軸が「思い出深いかどうか」という情緒の面での判断基準。これはその品物を見て風景や人物を思い出せるかどうかという基準。たとえちり紙ひとつでもあなたにとって何か大切なことを思い出せるならそれは立派な思い出の品です。たとえ何か風景を思い出してもこの思い出は残して置きたいというものでなければ「思い出がない」に振り分けましょう。

 

それぞれのパートを日常の言葉で置き換えるととこうなります。

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420070454p:plain



日用品と愛用品はおそらく部屋に定位置が決まっているはずです。 僕たちが捨てていいのはゴミだけ。となると残りの思い出のものはどうしましょう。おそらく多くの人はクローゼットにあるのでしょうが、そんなことしたままだと断捨離が一向に進みません。そこでおすすめするのが思い出ボックスに放り込むこと。

 

【汚写真注意】汚れた食器をシンクにためないために習慣にしたい3つのこと

 

 

僕は洗い物と言うものが大嫌いです。夏場は大抵シンクに汚れた食器を溜め込み部屋の中に腐ったにおいでいっぱいにさせてしまいました。それでも洗うのがめんどくさいので「台所にいるコバエが数えきれなくなったら洗おう」とか、「臭い匂いに気づかなくなったら洗おう」とかそんな堕落した基準で洗い物をしていました。

 

しかしさすがにそろそろしっかりしなきゃなと思い、シンクに食器をため込まない方法を思いつきました。それは「食器を少なくする」ことと「汚れたままお皿を使う」ことです。後半は汚いと思われるかもしれません。いやむしろ「汚れたままお皿を使う」というのがメインです。これを守るために「食器を少なくする」ようにしています。 

 

 

第1段階: 不潔の習慣を身につけ、皿を溜め込まないようにする

汚れたままお皿を使う

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180419183854j:plain

 

これが僕の机の上のお皿たちです。もうかれこれ3日くらいは洗ってないと思います。左に白いお椀が毎朝食べるフルーツグラノーラのお椀。上の黒いお椀が味噌汁をつぐもの。下の黒いものがおかずをつぐもの。そして右の白いお椀がご飯をつぐものです。

 

昔の僕ならそれをそのままシンクに放り込んでいました。だって食べ終わった後なのですから。しかしよくよく考えるとご飯って「白ごはん+汁物+おかず」に限られていませんか?そう思いそれぞれのお椀に同じものしか載せないことにしました。

 

ご飯のお椀にはご飯、汁物のお椀にはしるもの。そうやって続けていると不思議なことにわざわざ洗わなくても汚い感じがしなくなりました。だから安心して皿洗いをしていないのです(笑)

 

そうやって皿洗いをせず、お椀を放置したままでいるといつしかそれが習慣になりシンクに皿が溜まって臭い匂いが充満するということがなくなりました。

 

 

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180419190854j:plain

全然溜め込んでいない綺麗なシンク。間違って置いてしまったコップ。数週間洗われていないまま。間違ってもシンクにおいてはいけない。

 

 

お皿の数を減らす

だんだんお皿を洗わないと言う習慣がついてくると、お皿はそんなにいらないんじゃないかと思ってきます。というよりお皿が余分にあるからタンクに貯めてしまうのです。だからいらないお皿をしていることにしました。もう二度とシンクにためて腐らせてしまうようなことをしたくないからです。

 

こうやってお皿の数を4つに限定したことでさらにシンクにためない習慣が加速しました。これを汚してしまってはもう使うお皿がないと言う状況をつくりだして僕は食べ終えたら台所に持っていくという習慣がなくなりました。

 

残しものはそのままにして次食べる

残しものは捨ててはいけません。なぜならシンクにゴミが増えていしまうし、お皿をため込んでしまう恐れがあるからです。ここは潔く残しものはそのままにしておきましょう。上の写真で僕がしているようにご飯を残したらそのまま放置するのです。味噌汁残してもそのまま放置。こうすることでゴミも減らし、洗い物も減らすのです。そうして次に食べましょう。レンジでチンしたら美味しく食べられます。

 

第2段階: 気が向いたら洗う

自分で言っといてなんですがこの不潔の習慣を身に付ける事は良くないと思っています。皿をため込むことないことでストレスの少ない生活を送れますが、汚いお皿を使い続けることでデリカシーのなさに加速をかけてしまう恐れがあるからです。それマズイ。

自分のためにもここはお皿を洗う習慣をつけておいた方が良い。よって次の段階は気づいたら食器を洗うということ。とは言えこれもお皿を洗お!と決意してするものではありません。不潔の習慣を続けるとわかりますが、ご飯茶碗に硬い米のかすがついていたり、汁物茶碗をすするときに固まった味噌汁がついていたり、おかず茶碗から腐い匂いがするようになります。その不快感を感じた時こそ洗うチャンスです。

 

とは言えあまり張り切りすぎないようにしましょう。1週間に1回あるかないか位でいいのです。嫌だなぁと思い始めたら茶碗を洗いましょう。その時も別に洗剤をつけなくても、スポンジでちょっと洗うだけで充分です。

 

 

第3段階:食べ終わったらすぐ洗う

 

こうして徐々に気が向いたら洗う習慣がついていくとしめたものです。シンクにため込んでしまってイヤイヤ洗っていたあなたは少し成長し、自発的に洗うようになりました。1週間位にいちど洗う習慣を身に付けるとしめたものです 。

 

洗うスパンを6日、4日、3日…と徐々に減らしていけばいいだけです。皿洗いのスパンを1日まで減らすことができたらもうそれは立派な普通の人です。元は洗い物せず机の上に放置していたあなたは、毎日洗う普通の人に生まれ変わりました。

 

まぁ偉そうなことを言って僕は第2段階で止まってるのですけどね。

 

それでも一応こんな道しるべをたて毎日皿を洗う普通の人になるための目標を立てています。もし皿洗いが苦手で困っている人がいたらこの3つの道しるべをつたい、頑張って普通の人になれるようにしたらいいと思います。

 

 

 

汚れたままお皿を使うことに抵抗感を感じる人は、

  • 紙皿・プラスチック皿を使う
  • 食べたらお皿をすぐ洗う
  • 食器にサランラップをかけて汚さないようにする
  • 料理を全てサランラップに巻いて食べる
  • パンに挟む、おにぎりにして食べるなどご飯でつつむ料理を作る

とかを試してみるといいかもしれません。しかしもし可能ならお皿を洗わず、気が向いた時にサッと洗ってみると長続きします。

Facebookがするドローンからwifiを発信できたら起こる2つのこと

Facebookが今Wi-Fi機器を搭載したドローンを宇宙で飛ばす計画をしているのはご存知だろうか?「Aqulia」という名前のドローンで太陽光で飛び続け、地球の周りを徘徊し続けるものだ。これにより世界中どこででもwifiが使えるようになる優れたドローンだ。

 

しかしパッと聞いただけでは「ネットが世界中どこでも使えるようになったって知らねーよ。日常生活でどこでも使えてるし」と思い、恩恵が受けられるとは思えないだろう。確かに日本にいると大抵どこでもネットが使える。どんな田舎でもネットを使えない場所は少ない。

だからネットがどこでも使えるようになるって聞いて喜ぶ人は、せいぜい海外を行ったり来たりする旅人位だろう。しかしこれを見たとき僕はアッと驚いた。ある2つのことが起こると思ったからだ。

 

情報格差の崩壊

一つは情報格差の崩壊である。北朝鮮や中国などインターネットが厳しく帰省されているところでもFacebookが発するドローンWifiを使えるようになり世界の情報を知ることができる。そしてそれはのちに北朝鮮政府や中国政府への反感に繋がり大きな革命が起こるに違いない。

 

遭難事故の救助活動がラクになる

2つめは遭難事故の救助活動が圧倒的に楽になることである。繰り返すがWi-Fiが使えるようになるから、エベレストでも太平洋の真ん中でも迷子になってしまったらLINEを使って救助要請すればいい(笑)

 

japanese.engadget.com

 

 

情報格差の崩壊

中国、北朝鮮ではインターネットの規制がとても激しい。

例えば中国ではGoogleUberすら使えない。すべてのインターネット視聴の記録は掲示されている。使えるインターネットサービスも限られている。

北朝鮮に至っては一般市民はインターネットすら使うことができない。政治家やサイバー部隊や大学のエリート層にしかネットは解放されていない。さらにネットワークの通り道は一本しかない。

こんな悲惨な状況なのである。しかしドローンがWi-Fiを発信し出すとこれが大きく変わる。

まず電波は誰にも止めることができない。宇宙から全世界に向けられて飛ばされるWi-Fiは必ず中国や北朝鮮にも降り注ぐ。そして全国民にWi-Fiがいきわたるようになる。そしてそのWi-FiFacebookが握っているため各国の政府が閲覧を規制することなどできない。完全にフリーパスで国民がネットを使えるようになるのだ。

 

まだ必要なものがある。Wi-Fi の受信機だ。北朝鮮も実はスマホを持っている。若者の間で普及しているくらいだ。しかしそのスマホでは無線LANにもGPSにも対応していない。インターネットすら使えず、政府から提供されたサイトしか見えない状況である。

しかしどうにかして WiFiが使える機器が手に届けば全てが解決する。ドローンが宇宙を飛べるのだから、もういっそドローンで北朝鮮スマホやDSやPSPを投げまくるとか。そうしたら彼らがネットを使えるようになる。

そして彼らはYouTubeFacebookを見るだろう。そこでたくさんの情報を得るはずだ。自分たちの国がいかに規定され、他の国がいかに自由であるかを知るだろう。そして気づく。自分たちの国はとても変であると。

そうなったら自分たちの国に反発するに違いない。どうして自分の国はこんなに規制されているのか。どうして自分たちの賃金は安いのか。どうして自由に国を行き来することができないのだろうか。

そう思い、政府に向かって暴動起こす日がやってくる。

 

 

遭難事故の救助活動がラクになる

 

2017年の7月と8月に水難事故と山岳遭難の総数は1100件を超えてしまった。なぜこんなことが起きてしまうのかと言うと人にWi-Fiが使えないからである。海の真ん中や山の頂上では電波塔の電波が届かない。しかし宇宙からドローンでWifiを発信すると使えるようになる。

 

僕たちはもう遭難することはなくなる。山登りに行っていて道が分からなくなり壮年してしまうことはなくなる。飛行機を飛んでいて無線が途絶え機長と連絡が途絶えてしまうことはなくなる。プレジャーボートで海の旅を楽しんでいてどこが陸かわからなくなることはなくなる。今までは方角を頼りにすっきりしかなかったのだが、僕たちにはドローンが発する無線LANがある。

 

もし僕たちが富士山で遭難してしまったらLINEを使って救助要請しよう。Google マップにある情報共有すると良い。 センチ単位で正確な位置が分からないから、もし上空に飛行機がやってきたらここだここだとLINEで報告しよう。するとちょうどいい位置で彼らが助けに来てくれる。

 

今回もまたGoogle マップの位置情報共有すればいいもし僕たちが太平洋の真ん中で遭難してしまったらLINEを使って救助要請をしよう。1時間くらいかかるがしばらくすると助けにやってくる。救助のヘリが近づいてきたら船に備えてある煙を立てる道具を使って位置を知らせよう。すると助けにきてくれる。