rails 独学して軽くにちゃんまとめつくる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記録を残すことについて

 

記録を残しておくことって大事な気がする。過去の蓄積が現在と未来をつくるから。人の体は取り入れる食事と運動によって形成されていて、人の精神は取り入れる情報によって形成されている。ほかにも下に挙げたようなものから形成される。

 

スマホの利用時間、体重、身長、腕立て伏せの限界回数、使ってる文字のフォントの大きさ、イヤホンの音量、歩いた歩数、飲んだ水の量、体温の増減、接種カロリー、SNSの会話回数の偏移、1日当たりのツイート数、ウェブの検索ワード、ブックマークしたサイト、お風呂に使った時間。

 

僕たちは日常生活を送る上で記録というのをほとんどとっていない。なぜなら非常にめんどくさいからだ。1行日記ですら続けるのはめんどくさい。

 

GoogleFacebook などは僕たちの検索履歴や投稿画像を勝手に(自動で)つかってビッグデータなるものを活用しているが、僕らの生活のごくわずかな一部でしかない。ほとんどの情報は何気なく流されていってる。

 

この流されていってる情報を事細かく集められたら自分の健康状態や寿命や将来の自分がわかるはず。

 

IoT化されたら多くの見過ごされていた情報が記録されるが、複数のメーカーがバラバラに収集したのでは意味がない。これをまとめて活用できるようなシステムがつくりたい。

 

幸いスマートフォンとインターネットがあるのでやる気があればできそうだ。IoT化されてないのでもうちょっと時代が進まなければだめだが、そんなシステムをつくってみたい。

 

まだ出ぬ管理システムに託すために今のうちに身の回りのことを計測しておいたほうが得なのかなとも思うが、やっぱめんどくさい。

 

そうなんだよなー。めんどくさいがすべて。