rails 独学して軽くにちゃんまとめつくる

インターン中大学生のブログ

ぐるぐる回って何をしたいのかが変わってく。今はマッチングサイトを作りたい、もしくは論文のキュレーションサイトかな。

パワポ版の落合先生流論文要旨のテンプレートを作ったので配布する

 

 

2017/10/29追記

「落合陽一 論文」で検索すると2番目に表示されていて、影響力が大きくなっていた ので修正しました。ダウンロードしてすぐ使えるようにしたので、記事中のダウンロードリンクをクリックしてダウンロードしてください。

 

 

 

 

 

この落合陽一先生のオレオレ要旨の記事をみてぼくも真似したくなったのでテンプレートを作ってみた。

 

 

こちらをクリックしてダウンロードしてください!

論文テンプレート.pptx - Google ドライブ

 

 

 

 

テンプレートはこういう出来上がりになっている。

f:id:mooooooooooriiiiii:20171029125442p:plain

 

落合先生のスライドにあったように

「どんなもの?」「先行研究と比べてどこがすごい?」「技術や手法の肝は?」「どうやって有効だと検証した?」「議論はある?」「次に読むべきタイトルは?」

の6つの項目をもとにして論文をアウトプットするフォーマットだ。論文とはただ闇雲によんでいくものではなく、きちんと目的をもって読み進める必要がある。初心者は読むべきターゲットや目的がわからないが、このフォーマットに従うだけで論文を読むときの思考過程を誘導してくれて効率よく情報を吸収してくれる。

 

 

 

 

 

ではテンプレートのつかい方を説明します。

メインコンテンツのこの6つの項目から。

 

 

 

 

これはそのまま、内容を変えるだけで大丈夫です。緑の枠はそのままで、コンテンツ部分をクリックしたらそのまま編集モードに入るので、デフォルトで書かれている文章を消してそこに書き込む。

さらに右下に小さいが「日付」とかいてあるのがわかる。ここに読んだ日付を書こう。いつよんだのかもメモしておくといい。

 

つぎにヘッダー部分について説明する。

ヘッダーには題名、書かれた年代と著者、pdfの配布リンクの4つを書き込む。

年代は時代を感じるためです。pdf 配布リンクは、自分が書いたテンプレートを他の人に渡す時にその人がすぐアクセスするのに便利だし、ダウンロードせずにすぐにその論文にアクセスする時に便利だからです。

 

ヘッダー写真は自分で論文から切り出して来てください。Mac を使ってる人なら「⌘ + Control + 4」を押せばスクリーンショットモードになるし、windows を使ってる人は Snipping tool と言うデフォルトで入っているソフトを使えばスクショできます。 

 

これだけで論文を簡潔にまとめることができる落合要旨ができあがる。

 

こちらをクリックしてダウンロードしてください!

論文テンプレート.pptx - Google ドライブ