rails 独学して軽くにちゃんまとめつくる

運動は寿命や健康に重大な影響を与えないんじゃないか説

まず長生きするために運動しよう!健康になるために運動しよう!というのに疑問を持っている。考えてみてくれ。100年前くらい平均寿命は 44歳くらいだった。そのころは当然車もなく自転車も電車もない。。必然的に人々の交通手段は徒歩だった。工場もコンビニもないのだから食べ物を得るためには需給自足や狩りに出かけるほかなかった。

 

ということは現代の人よりもかなり体をつかっていたのだ。「運動が寿命や健康に影響を与える」ならもっともーっと長生きしていたはず。

 

それを踏まえたうえで平均寿命の推移のグラフをみてみよう。

日本の平均寿命の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新) - ガベージニュース

こちらからいただいた。

 

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20170508101252g:plain

 

どうだろう。平均寿命はやはり延びているのだ。終戦からぐいぐい平均寿命が延びている。

 

なぜだろう?

 

このころになると戦争がなくなり、食料も安定して供給され、公衆衛生も、医療も発達していった。車や自転車や電車が当たり前のように普及していきぼくたちはあまり歩かなくなり体を使わなくなった。しかし現状はご覧のとおり、平均寿命は延びているのだ。

 

たしかに運動したら多少健康にもなるし、長生きもするかもしれない。しかしそれは微々たるさにすぎない。本当に長生きしたければ、医学部に入り医療の発展に貢献するのが一番良い選択肢だと思う。