rails 独学して軽くにちゃんまとめつくる

一人ぼっちのライフハック生活

2留してしまうくらい躁鬱の気があり、その中で得たライフハック術を紹介して生きます。

AppleのiPadのcm「コンピューターって何?」から考えるVR・ARがスマホ・タブレット・PCを統合する未来。

 

f:id:mooooooooooriiiiii:20180420091938p:plain

 

僕はiPhoneiPadMacBookを持っている。つまりスマートフォンタブレットとパソコンを持っているわけだ。 こうして並べた写真を見てみるとやはりこれらはいずれなくなる未来だなぁと思ってくる。

 

 

タブレットとパソコンの境界

思い出して欲しい。ちょっと前に「コンピューターって何」と言うCMをしていたのを覚えていますか?動画の中で少女はiPadにキーボードをつけてパソコンのように操作しています。まさにこれなのです。

タブレットとパソコンの境界は「キーボード」と「画面サイズ」と「処理速度」だけです。よく大学生ですが「iPadがあればパソコンはいりませんか?」なんて質問を見るが、これもタブレットとパソコンの境界の曖昧さを表している。

 

だからタブレットがあればパソコンはいらないというのではありません。パソコンのメリットであるキーボードのおかげでショートカットや文字入力素早く操作ができます。さらに処理速度のおかげでプログラミングもサクサクできます。大きい画面サイズのおかげで文字を一気に表示させることができたり、画面を二分割したりすることができます。

 

だからパソコンがあるのでタブレットがいらないというのではないです。パソコンは高性能であるがゆえ重たいです。Macbookだと1.5kgくらいありずっしり重さを感じます。だからiPadだと気軽に持ち運びができます。寝ながら読書もタブレットならできます。

さらにパソコンだと直角に広げているので画面を操作するにはマウスとキーボードしかありません。しかしタブレットだと机の上に起きるので手書きが簡単にできます。画面サイズもノートくらいの大きさなので邪魔にもなりません。

だから両方必要なのです。

 

 

 

 

 

スマホタブレットの境界

タブレットなんかいらない。スマホがあれば十分だ」という声を聞きます。これもまさにスマホタブレットの境界の曖昧さを表しています。というよりむしろスマホタブレットの違いは「画面の大きさ」と「処理速度」だけです。みんな此れに気づいているからこそタブレットが普及していない。

 

タブレットがあるからスマホがいらないというのではありません。画面サイズが小さいからこそポケットに入れて持ち歩けます。だから外出中にもiPhone を持ち歩き地図アプリやニュースサイトやネットを気軽に見ることができます。混んでいる電車でも、片手がふさがっている時でも小さいからこそ利用できます。

 

スマホがあるからタブレットがいらないというのでもありません。タブレットのメリットは持ち運びにちょうどいい限界サイズということです。ほとんどほんと同じ大きさなので読書をしたり、ノートを取ったりするのにも便利です。さらに画面サイズが大きいのとギリギリ持てる位の重さのおかげで読書をする意識が低くなりました。Apple Pencilを使うと書き込みも簡単にできるので躊躇なく本に書き込みをするようになりました。

だからスマホタブレットの両方が必要なのです。

 

 

とはいえどれも一つにまとめられるよね

こうして考えるとスマートフォンタブレット、パソコンの違いは3つにまとめられました。「画面サイズ」「キーボード」「処理速度」の3つです。で僕の主張はこの3つの違いは VRとARによって埋められるということです。つまりスマートフォンタブレット、パソコンを兼ねたものが VR、AR ということです。

 

画面のサイズ

まず画面サイズですが、VRとARは画面サイズが極端にでかいです。というより360度近いそのものがすべてディスプレイになるのです。50インチのテレビだとか、15メートルの映画のスクリーンとかそんな比じゃないです。 という事は12インチのタブレットサイズの画面を無数に置くことができますし、気分によって50インチにも3インチにも変更することができます。

しかもそのスクリーンは仮想空間上にあるものなので場所を取りません。人が居るとか持ち運びが面倒だとかそんなこと考えずに自由に可変サイズ作りの持ち運ぶことができます。この自由な可変サイズこそがスマートフォンタブレットとパソコンを統合する理由の1つです。

 

 

キーボード

次にパソコンのメリットであるキーボードについて。これも先ほどのことよく考えるとキーボードすらも仮想空間上でみなすことができます。そしてそれは指で操作するフリック入力に変えることもできますし、机にキーボードの3Dモデルを表示させてキーボードにもすることができます。

もっと行くと音声入力での入力が主流になり指で文字を入力すると言う事はなくなるかも。修正する時だけキーボードを使い、その他多くは音声入力でするようになります。もしくはもっと良いインターフェースが整備され完全に音声入力一本化するかもしれません。

こんな理由で自由にキーボードとかフリップ入力とかを切り替えられることができるのでスマートフォンタブレットとパソコンを統合する理由の2つ目です。

 

 

処理速度

 

処理速度に関しては大は小を兼ねるというのが基本です。なぜスマートフォンの処理が遅いかと言うと値段を抑えるためとサイズを小さく保つためです。しかしスマートフォンがパソコン並みの速さでも問題はありません。むしろ歓迎すべき位です。

だから処理速度はパソコンのサイズに一本化することによって、スマートフォンタブレットとパソコンを統合することができます。

 

 

以上の理由からスマートフォンタブレットとパソコンはいずれなくなると言う結論に達しました。